お客様から頼りにされる

昨年も市内のゴム関係の小規模な事業所様からのご依頼で、ゴムを練るロールの直流モーターを整備をさせて頂きましたが、今度は高圧モーターのコイル焼損、これは約52年前のモーターで、現在では製作されていないため、専門業者に依頼して巻き直しすると約2か月以上は掛かると言うことになりましたが、到底そんな長期間の休業状態は無理と言われ、中古のロール設備をセットで購入更新されることになりました・・・

ロールのモーターや制御器の状態を見に機械の販売取扱業者様を訪ねて機器類の状態を確認致しましたが、びっくりこれも50年以上前の代物・・・

私、えー、これ、びっくり、モーターも古いが制御器も当然古い、相手の業者様も新しい制御設備に更新されてはどうですかと言う意見・・・

相当長い間放置されていたようです・・・

帰社して、弊社の技術担当者に新しく制御盤を作る見積をしようかと相談していたら、技術顧問が社長、ゴムを練るロールの制御方法はトルクの関係で、今の古い制御器の設備が運転に一番適しているのですよとの意見があり、結果として、お客様に現在の制御器を整備して使いましょうと提案報告をさせて頂きました・・・

相談の結果、機械を移動据付更新する前に、モーターの制御器の整備を行うことになりました・・・

小さな規模のゴム製品製造業者様にとって、ゴム製造設備に関する電気設備の相談が出来る業者がいないため困っているところが多いいとお聞きしています・・・

また、弊社もゴムに関する詳しい知識を有する技術者がいてくれての対応の仕方です・・・

単なる電気設備の配線工事であれば、たくさんの同業者がいますが、非常に古い機械設備の電気に関する技術知識を持った専門業者は少ないようです・・・

お客様にとって、死活問題と言われるメインの機械の電気設備を整備復旧でお役に立ち、喜んでいただけるのはほんとに仕事冥利と言えます・・・