いいことも・・・

いいことだと思ってアドバイスをしても、真意が人に伝わらないことが多々ありますね・・・

「良薬口に苦し」私が人生で体験したことを伝えようとしてもなかなか受け付けてもらえません・・・苦笑

しかし、昔、弊社の社員だった人たちと最近改めてお付き合いをしてもらうことになりましたが、同じように、社長に昔注意されたことがよくわかりましたと言う言葉・・・

少しは役に立ったのかと安心を致します・・・

やはり間違ってはいなかったのだと・・・

「厳しさは優しさ「」物事には二面性があり、深く考えることが出来れば、叱るのと注意の違いがわかるはずです・・・

痛い目をするよりとつい親心を出して嫌われることに・・・苦笑

決して馬鹿にしたり、単に利用しようと言う気持ちは毛頭ありません・・・

若い人たちは自分で痛さを味わうまでだめなのでしょうかねー・・・

人を育てるのはほんとに難しいものだと今更ながら実感致します・・・

我々の後を引き継いで頑張って欲しいと思うからこそなのですが・・・

痛い目に会わないように願うばかりです・・・