少し気になることですが・・・

日本では東北大地震の後、福嶋原発を初めとして
安全について官民あげての激論を交わしています・・・

しかし、中国やベトナム、韓国、インド、トルコなど世界の国々は今から原発を新たに設置したり増設したり・・・

原発の設置されてる地域の不安は十分に理解出来ます・・・

でも、地球規模で考えると中国や韓国で事故が起きればたちまち日本は春の黄沙が降る如く、偏西風に乗った放射能が我々の国に降り注ぐ事になりかねませんよね・・・

私が気になるのは、日本の国は海外の国々に囲まれているのに、マスコミも政治家、我々国民の多くも、まるで地球上に日本しか存在しないような感覚でしか物事を考えていないのではと思えるからです・・・

そんなに危険なものであれば、外国で事故が起きた時も想定し、どう対処すべきか、地球全体を視野において,現実的に対策を検討すべきでは・・・

いまよりもっと確実に防護する方法や安全性の向上に向けて研究開発することも必要なのでは、議論ばかり、そして決断は他人任せな現状・・・大きな声でwaiwai騒ぐばかりの印象が強く、零細企業のおじさん経営者には、どうもその中途半端な感覚がよく理解できませんなー・・・
特に反対する人たちの行動や発言に対しては一定の理解は出来ますが、ではどうしたらいいのですかと聞きたくなりますね・・・

私は技術屋の経営者なので、いつも危険やと認識することがあれば、どうしたら安全を確保出来るのかと対応対処を考えます・・・

ほとんどの人がわいわい騒ぐだけで、解決策は他人まかせな印象を受けています・・・

車・飛行機・新幹線・船・薬・何一つ100%安全・安心なものはあり得ないですね・・・危険と認識することから安全・安心・便利・快適に・・・

要はどうすれば人類・国民・に取って一番ベストなのか考え、対応対処することでは・・・自分のエゴで軽はずみなことはやめたいと・・・

時間と共に事態と共に我々がほんとに必要とすることは常に変化し続けるのですから・・・

海に周囲を囲まれた日本、今急がなければいけないことは、大震災時に緊急対応をすることの出来る大型輸送艦艇を増やすとか、航空機を増やすとか具体的な対策を実施するほうがよほど必要なことかも・・・

危機を煽るだけの政治・行政・マスコミにはほんとうんざりします・・・
過激な行動に走る人たちにも・・・