JRの停電事故に思う

6月20日の日曜日、JR山手線の停電事故の原因は渋谷区の変電所でケーブルが損傷して漏電したためとのこと・・・

電気のトラブルは社会生活に大変な影響を与えます・・・

昨日は休日の日曜日なのですが、たまたま書類を整理したいと思って事務所に出ていましたら、ご近所の住民の方から、庭を掘っていて、電気のケーブルを傷つけ、停電して電気が使えなくて困っていますとのお電話を頂きました・・・

今日は休日で会社には社長の私しかいないのですがとお返事をさせて頂きましたが、とてもお困りの様子なので、取りあえず様子を見にお伺いさせて頂きますと伝えてすぐに住民のお家に向かいました・・・

なるほど、庭を掘削しようとして埋設されていたケーブルの保護管やケーブルを傷つけており、ご家族の皆様はとても不安そうなお顔をされていました・・・

原因はすぐに判明いたしましたので、屋内のブレーカーを投入して、電気を使えるようにした後、ケーブルの保護管とケーブルの補修を行い、復旧を終えました・・・

今の時代は電気が生活の全てに関わっていますので、停電状態では生活が出来なくなってしまいます・・・

お電話を頂いて復旧までに約30分、遠くの業者さんに依頼するのは不安があり、近くの弊社をご存じだったとの事でお電話を頂いたようですが、たまたま私が事務所に出ていたことで、迅速に対応させて頂き、大変喜ばれました・・・

きちんと修理をしましたので、安心して電気をお使い下さいと伝えると共に、庭を掘る時は何が埋めてあるかわかりませんから、今後は十分に気を付けて下さいと伝えて失礼を致しました・・・

電気は便利ですが、とても危険なエネルギーであるということも忘れないように。