特許取得とノーベル賞受賞・・・

元、日亜社員であった中村教授が会社に対する強烈な怒りの言葉を投げかけ、感謝の言葉が無いのには人間的に心の狭い人と思え、私には共感出来ません・・・

私も特許を2件取得した実績があります・・・^^
しかし、特許を取得するに及んで、一番必要なことはその研究開発、及び諸手続きのために多額の資金と多くの人の補助を必要と致します・・・

もし、中村教授が自分の力と自己資金だけで特許を取得出来たなら自己主張することも納得できます・・・

研究開発に企業の経営資金を利用し、多くのスタッフの力を借りなければ実現できなかったのは間違いないことと思います・・・

企業は存続するためにあらゆる努力をしないといけませんが、たった1円の利益でも全従業員の努力と汗の結果でしか得られません・・・

その部署において自分の役目を果たした結果、大きな成果がでても決して本人だけの力であり得るはずが無いのです・・・

元日本人がノーベル賞をもらったことは大変喜ばしいことですが、人間的に欲と怨念の塊のような心の貧しい人の発言に対し、みっともなくて個人的には共感出来ません・・・

全て自分一人の能力と力でやったんやと自惚れて、自分の古巣を批判する言動には浅ましい人間性しか見えず、私のようなおじさんにはどうにもいただけません・・・

もし、この人が反対に経営者の立場ならどのような対応をするでしょうねー・・・